203高地

自分に置き換えて

お客様のことを考えねばならない。

お客様の心理や都合を推測せねばならない。

言わずとしれた、商品や売り場を考える際の原則。

理屈はわかっていても、なかなか難しい。

他人のことなんて、実際のところはわかりようがない。

その様な思いは、否定できないところがある。

しかし、「灯台下暗し」・「紺屋の白袴」である。

なんのことはない。

自分が、自分の家族が、自分の親しい人が、

何を思い、何を望むのか、 それを考えてみたらいいはずだ。

これなら、考えれば答えが出て来る。

具体的に、きめ細かに出て来る。

もちろんそれを絶対的に捉えることは出来ないが

一般性の是非を検証しつつの活用はできる。

 

 

PAGE TOP