203高地

勉強の効果はさりげなく、怖い

ものごとを突き詰めて考えようとしない。

顕在の皮相的な部分のみでの単純判断しかしない。

「らしい」とか「だろう」とかの曖昧語を多用する。

自分の意見や考えを明確化しない。

こういう現象のある人物は、信頼はいうまでもなく、

信用さえ出来かねる。

現実に、約束の放棄、無視、忘却がはなはだしい。

発する言葉や言動を注視すれば、一目瞭然である。

だのに、だのに、 組織のコミュニケーション不足を嘆いたり、

訴えたりの 声が当人から生じることがある。

それは、何故なのか。

考えられることはひとつ。

コミュニケーションという言葉の定義を間違っているからだ。

当人は、自分がコミュニケーション不足の典型とは思っていない。 幼稚な一般的な低レベル解釈での意味でしか、

その言葉を考えられないからだ。

ようするに勉強が足りないということだ。

勉強をするか否か、効果を発揮するか否かは、

こういうさりげない場面に、

しかし致命的な形で登場するから怖い。

 

 

PAGE TOP