203高地

虚の読書と実の読書

「読書とはどういうことなのか。」 と自問してみると、

ごく単純には、

「本の活字を目で追いかけること」 との概念が浮かぶ。

これはまったく、私の程度の低さを暴露している。

しかしながら、わかってはいても、

この間違った形ばかりの読書をしていることは、 私には多くある。

気の進まない本を、読んだことにしたい場合。

外的理由で、嫌でも読まねばならない場合。

格好をつけるために読んでいる場合。 等々。

時間の無駄だ。 やめたい。

その為には、虚の読書と実の読書との峻別を、

その都度自分自身に問いかけねばならない。

PAGE TOP