203高地

自分は出来ているのか

人から教示を受けたとき、或は、書を読んで教訓を得たとき、

無意識のうちに自動的に作用する思考がある。

自己に於いてのその実行度合いと共に、

それが非実行である具体的人物の想起である。

場合によっては、その教示をなした者自身、

典型的な非実行型であることがある。

そういう場合には、他の教示についても、同様のことが多い。

翻って自分自身はどうなのか。

他人の非のことは置くとして、

自分自身もその過ちを犯しているのではないか。

他人に言う前に、その内容を自己に問うてみる、

ということは必須である。

PAGE TOP