203高地

人の悪口は

人の悪口を言うのは、みっともないこと。

聞いている人にとっても、嫌なもの。

その場にいない人が話題になると、

つい無意識のうちに、 その人の欠点とかに触れてしまう。

話の、自然な流れの一環としての場合もある。

問題なのは、その悪口的な部分が独り歩きしてしまうこと。

直接に聞いた相手は限定されているものの、

伝聞者は数えられなくなる。

だから結局、

「○○が、△△のことを、こんなに言っていたらしい。」、

との悪口情報となる。

人の欠点は、

ビジネスとして言わねばならない公式のでのみ場触れること。

日頃の会話等においては、人の欠点はふれないこと。

ましてや、井戸端会議に於いてなどもっての他。

 

 

PAGE TOP