203高地

思いがけないものを

人に何かをプレゼントするとき、

何をプレゼントに選ぶかに、その人のセンスが象徴的に表れます。

喜んでもらえるかどうかは、選ぶものに大きく影響されます。

誰からももらえる当り障りのないものには、喜びは小さくなります。 思いがけないサプライズのものなら、喜びはひとしおとなります。

そこで、気付きました。

お客様へのサービス、販売促進についても同じことではないのかと。 どこでもやっている、〇割引き、クーポン券、割引券などは、

もう陳腐的です。

私自身、そういうものにはほとんど興味も関心も起きてきません。

「自分がもらうとしたなら、どんなプレゼントが欲しいのか。  

自分が受けるとしたなら、どんな販促に動かされるのか。」

それを、もっともっと考えることが必要の様です。

 

 

PAGE TOP