203高地

安岡正篤に久方ぶりに

安岡正篤安の講和集「運命を創る」を読み始めた。

記憶があいまいだが、多分往年に何回か読んだことがある。

当初の何頁かのみで、自然と安岡正篤ワールドに引き入れられる。

かつての安岡正篤の著作や言葉が、蘇ってくる。

しばらく会わなかった恋人に、久方ぶりに逢うかの心地よさ。

その心のうちを何とか分かりたくなるかの如き心持ち。

私淑する師とは、こういうことなのではないのか。

PAGE TOP