203高地

勝つのは、指揮官先頭だから

「余の赴くところ必ず勝つ」とのボナパルト・ナポレオン。

「指揮する軍団は必ず勝つ」とのユリウス・シーザー。

それは、いずれも先頭に立って戦ったからである。

「勝つ。勝てる。」の信念を抱いて、

先頭で指揮をとったからである。

「今度は負けそうだけど、皆は気張って戦ってくれ。」

「自分はもう戦う気力がないけど、お前たちは戦え。」

指揮官がそんなことを言ったりしたら、勝てるわけがない。

例え本音でそう思っていても、外見上はそうであってはならない。

しかるべき処策はきちんと手を打ちつつ、

独りそっと耐え忍ぶしかない。

 

 

PAGE TOP