203高地

自己の正当化を強引にしていると

人は常に自己を正当化し、その論拠を見つける。

ロジックがなければ、屁理屈でもなんでも。

或は、立場を利用しての権限、権利に頼る。

相手の立場の弱さをいいことにして、強引さで押し切る。

そういうことを看破しながらも、相手は従うかもしれない。

心に期するものを秘めながら。

何回かならば、表面上は波風が見られないかもしれない。

しかし度重なれば、いつしかその非合理が周知のこととなる。

かくなれば、「叫べど動かず」に至る。

そういう事態を招かないように、

この危険性を大いに自覚しなければならないと、

強く自分に言い聞かす次第。

PAGE TOP