203高地

スマートな恩返しを

人の情けは有り難いものです。

身に沁みる有り難さです。

そういう情けを施してもらった人への恩は、

忘れることはありません。

出来ることなら、適切な機会にその恩をお返ししたいものです。

いや、お返ししなければ、「恩を感じている」意味がありません。

あからさまな押しつけの恩返しでなく、

それとなく、そっとしての恩返しは、

なかなか容易ではありません。

スマートな恩返しには、知恵が必要です。

喜ばれる恩返しをしたいものです。

 

PAGE TOP