203高地

今を

本を読むことの価値を、最近つくづくと感じている。 何を今更かもしれないが、素直にそう思う。 ・ 潜在的に感じていたことを、顕在化してくれる契機。 しかも、論理的な解説を伴って納得させてくれる。 ・ そういう効果に接する毎に、いつも痛感すること。 「ああ、もっと早くこのことを知っていたらなあ~。」 ・ そして、その瞬間に打ち消す。 「違う。その思いは違う。  遅まきながら今わかったことが、値打ちなんだ。  今わかったことを、喜んだらいいのだ。」 ・
PAGE TOP