203高地

感情と論理とが衝突すると

論争の場で、論理と感情が衝突する場面は多々あります。

論争の勢いでは、大抵の場合、感情側が優勢になります。

そして、感情側は、勝ったと思ってしまいます。

しかし、その論理の不自然は、論理側には重々わかっています。

よって、感情側の非論理性、非能力性が暴露されています。

自分が相手よりも強い立場にあり、しかもその論争を避けたい場合、 ついつい感情的に相手を抑えたくなりますが、

恥かしいことと戒めねばならないと意識しています。

PAGE TOP