203高地

優れた人と比べると

駄目なことの矯正の為に、

「爪の垢を煎じて飲め」 との言葉がある。

転じて、 「身を振り返りながら読め」 との文句がある。

何をか。

例えば、田中角栄を書いた本。

その魅力との照らし合わせを自問してみれば、

我が身の問題点がいや応なく浮き出てくる。

優れた人物との対比は、我が身を突き落とす。

でも、努力、矯正、改善の箇所が判明することは有難い。

 

 

PAGE TOP