203高地

読んだかどうかわからない本は

読む本の選択をする際、

対象となる本について、

果たして読んだことがあるのかどうか、

記憶がない場合が結構あります。

恥かしいことです。

読み始めてみると、何となくの読み覚えを感じることもあります。

かと言って、読んだことがあるとの確認もとれないことも。

最後の方になって初めて、明らかに記憶に残ってる内容があったり。 ・

浅くしか読めていないことのしるしです。

深く読めていたら、記憶ももっと鮮明なはずですから。

それでも、類書を続けて読むと、

本の題名とエッセンスとして大切なこととが混同してしまうことは、珍しいことではありません。

読もうとする本が、

一度読んだことがある様にも思える場合どうすればいいのか。

そりゃあ、読むしかありません。

 

 

PAGE TOP