203高地

IKSD 目的と手段

目的と手段の区別。

その重要性と必要性は、至る所で強調されている。

そんなことぐらい、分かっているつもりである。

しかし、ややもすると、わかっていないときがある。

区別の出来ていない言動をしていることがある。

例えば、何かの課題について意見交換をしているとき、

相手に打ち勝つことが目的になってしまっている様なこと。

目的と手段の峻別は、いくら戒めても、過ぎることはない。

PAGE TOP