203高地

無能を暴露する一言

無意識でついもらしてしまう一言によって、

自分の能力が自ずから暴露されてしまうことがあります。

気を付けていても、

ついうっかりの一言ですので、避けることは難しいです。

数値の発表のときに、1の位の数値まで言ってしまう。

「とき」と「時」とを、区別せずに使ってしまう。

アンケートをとろうなんてすぐに言ってしまう。

言葉の定義を尋ねられたとき、誤魔化してしまう。等々。

これらの心当たりがすぐに浮かんできます。

結局は、如何に正しいことが、

自分の血となり肉となっているかに関わることです。

暴露された自分の無知や無能力に気付いていないのは自分だけ、

なんて愚だけは避けたいと思います。

おかしいことを言ったら教えてもらえる人を

自分の周り揃えること、

それしか対処の方法はない様に思えるのですが。

 

 

 

PAGE TOP