203高地

言葉が真に意味するところは

「相手の言葉の意味するところを、

   真に理解出来ているかどうか。」、

と問われると、はなはだ心もとないものがあります。

自分としては理解出来ているつもりでも、

真の意味を発信者に確認しないことには、

本当のところはわからないわけですから。

逆に、言葉を発信するとき、

自分の言葉の真に意味するところを、

気づかないで使っているということもあります。

「そんな馬鹿な。」、とお思いかもしれませんが、

そういうときがあります。

よーく考えてみれば、当てはまることがあります。

何かの折に、つい言いたくなるセリフがあります。

① 「私は、自分のペースで、コツコツとやります。」

② 「私は、私のやり方で少しずつやっていきます。」

よーく考えてみれば、これらは問題セリフです。

① の真の意味は、

「私は、今以上の努力をするつもりはありません。」

② の真の意味は、

「私は、今のやり方を変えるつもりはありません。」

だから、こういうセリフを吐くのは、

分の消極的姿勢を暴露することです。

こういうセリフを、言ったり書いたりしない様に注意します。

 

 

PAGE TOP