非凡の2種類 | 夢と笑顔.com

203高地

非凡の2種類

「普通のことを、いつもきちんと例外なしにやれる人は、

   凡人ではない。 そういう人は、非凡な人。」

非凡な人と聞くと、

「何か特別に変わったこと、難しいことをやっている人、

  orやれる人」 の意味に解釈しがち。

でも、そうとばかりは限らない。

最初の定義の意味での非凡もある。

非凡な人を目指すとする場合、

どちらが実践しやすいのかは、問うまでもない。

でも現実問題としては、

平凡なことを実践し続けることは容易ではない。

だからこそ、それが出来れば非凡ということになるのだ。

PAGE TOP