百聞は一見に如かず | 夢と笑顔.com

203高地

百聞は一見に如かず

「百聞は一見に如かず」を、しみじみと経験しました。

以前の記事に書きました

ピケティの「新・資本論」を読み終えたのですが、

竹信三恵子の「ピケティ入門」での解説とは、

まったく異なる印象でした。

もしも「入門」の本だけを読んで知ったつもりになっていたら、

どこかで大恥をかく羽目になったことと思います。

何事も、自分の目や耳で確かめることの大切さ、

一次情報の重要さ、

二次情報はあくまでも補足的、ということを痛感しました。

念のため、高橋洋一の「ピケティ入門」も、読んでみましたが。

 

 

 

 

PAGE TOP