組織論を学ぶ必要性が | 夢と笑顔.com

203高地

組織論を学ぶ必要性が

組織論を論じる場合に出てくるのが「権限移譲」の話。

移譲される側の論理として、理解不足故に言いがちなのが、

「権限移譲を受けていませんから、それは出来ません。」、

的なこと。

移譲する側の犯しがちな過ち、大きな勘違いは、

「権限移譲」をしたならば、「責任移譲」もしたつもりになること。 それ故、結果に対する自己責任を露ほども自覚せず、

責任追及にばかり走ってしまう。

いずれも、組織論を学んだことがないか、誤って学んだか故である。 組織論の大切さを、今更ながら痛感する。

PAGE TOP