燕雀安んぞ鴻鵠の志を・・・・ | 夢と笑顔.com

203高地

燕雀安んぞ鴻鵠の志を・・・・

「嗚呼、燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」

陳勝を想いつつ、ときに触れつぶやく。

優越感に浸るばかりでは、自惚れの恐れ。

同志や理解者を得ることも難し。

胸に秘めつつ、ことは穏やかに為す。

 

 

PAGE TOP