学んでいなかったら | 夢と笑顔.com

203高地

学んでいなかったら

「ああ〜、もしも私が勉強をしていなかったら、

 この人が今言ったことを鵜呑みにするのだろうなあ。」

「あっ、もしも私がこのことに無知だったら、

 この人の間違った発言に気づかないのだろうなあ。」

僭越ですが、こういうことを感じる機会は多いです。

しかも、発言者がそれなりの立場の人の場合に。

その本人は、得意げに自己満足風に語っているときに。

苦労して勉学に励んだことを感謝する、貴重な機会です。

誤り、論理性の矛盾、論旨の不明確さ、主張の散乱性、等々。

そういうものに気づけるのことの有難さを、感じます。

もしも学んでいなかったら、自分も同じ過ちを犯します。

学びによって、それを防げているはずです。

これが大切なことです。

学びによる防御性、学びによる攻撃性、どちらも大切ですが。

 

 

PAGE TOP