「知らないと」言えるように | 夢と笑顔.com

203高地

「知らないと」言えるように

知った顔で話すということは、本当に恥ずかしいことです。

聞いている相手がそのことをより良く理解している場合には、

尚更です。

不十分な理解故に、独尊的な都合のよい解釈を前提にしていることが、多々あります。

一方的な方向づけでの、偏った解釈です。

「あーあ、そんなことではないのに、思い込んでいる。

 それはそんな意味ではないのに、知ったふりをしている。

 そのことについて、そんなに勉強はしていないはずなのに。」

聞く相手にそんなことを思わせるのは、

恥以外の何物でもありません。

知らないことは、 「知らない。」 と

はっきり言える姿勢を、忘れない様にしたいと思っています。

 

 

PAGE TOP