203高地

「死」と「生」

何事も、いざそれが迫ってきて初めて、 我が物としての切実感が出て来る。 ・ その典型が、「死」かもしれない。 ・ 死んだら「無」になるということはわかる。 そして、その「無」を自分で感じることもない。 ・ 生ある間が「有」なのだと、しみじみ悟る。 ・
PAGE TOP