話さないで聞く姿勢を | 夢と笑顔.com

203高地

話さないで聞く姿勢を

自分の知っている限りのことを洗いざらい話しつくすタイプに、ひょっとしたら無意識のうちに

近づいているかもしれない心配があります。

そのタイプは、一見物事をよく知っているかの様に見えますが、

反面底の限界をさらけ出してしまう恐れ、

羞恥と隣り合わせの危険があります。

更に問題なのは、自分がしゃべりたいという意識を抑えられず、

いつの間にか話し手になってしまうことです。

上手な話し手になろうと思えば上手な聞き手にならねばならない、

との教えがありますが、

知らず知らずのうちにこれに反してしまうのです。

知っていることの極一部だけを話し、

知っていることでも話をしない、という姿勢。

相手の話すことを、

途中で合の手を入れたりせずに、最後までじっくりと聞く姿勢。

そんな姿勢を身に着ける様にしたいです。

意識して努めます。

 

 

PAGE TOP