203高地

仕事の与え方

「部下には能力に見合った仕事を与えるべき」

とのテーゼは、 一見最もらしく受け入れられているのかもしれない。 ・

しかし、これほど人を馬鹿にしたことはない。

部下を単なる道具や部品として扱うに他ならない。

「人は成長を喜ぶ生き物である。」

「人は心、感情をもつ。」

と考えるなら、 それに見合う仕事を順次与えるのがGood。

人間関係論の間違った主張は、組織を害する。

PAGE TOP