203高地

INSD 人物の条件

①何かの責任を、常に自分以外に求め公言する。

②ものごとの全体像がわからず、対処できない。

どちらも、人や組織を率いることの出来ない典型。

ならば、①と②の逆を実践すればよいのだ。

しかし、これが容易ではない。必要なのは、

身についた悪しき習性を退治する自己との闘いが①、

様々な知識や判断力の養成を目指す勉学の習慣が②。

分かったからといっても、実行できる人は少ない。

だからこそ、出来る人だけが《 人物 》となるのだ。

PAGE TOP