203高地

「意中有人」

いわゆる出来た人物か否かの判別は、容易ではない。

かと言って、長期間という時間的な要素だけでは無理

その判別を為すべき何らかの基準を要する

もちろん判断基準は無数にあり、決めつけは困難

それでも、主たるものを掲げることはできる。

その中でも特に、「意中有人」に注目できる。

いざというときに片腕と頼める人物が傍にいるかどうか。

しかし、ここまで書いてきて愕然とする。

人のことをとやかく論ずる前に、自分はどうなのか。

PAGE TOP