203高地

知識の広さと深さ

何かの疑問が生じたとする。 ・ 放っておけば、そのままで何も変わらない。 疑問の解消を図ると、更に詳しく知りたくなる。 ・ それを更に追及するか否かで、知識の深さが決まる。 ・ この繰り返しこそが、そしてこれだけが、 知識の広さと深さを形成するのだ。 ・
PAGE TOP