愚者にはなりたくないが・・・・・ | 夢と笑顔.com

203高地

愚者にはなりたくないが・・・・・

 昨日の記事でも、その前の記事でも、「40年前には・・・・」的な表現を書きました。

 昔のことに思いを馳せる習性に、無意識的に染まってしまったりしているのではないか、気になります。 

 人間年齢を重ねると、自然と過去を回顧する様になるらしいですから。

 過去を振り返り今後に生かすんだ、という弁護をしてみても、その言葉はむなしく響いてしまう。

 又、それをある程度認めるとしても、自分の過去を振り返るだけでは、今後に生かすものとしては不十分だ。

 それだけでは、経験に学ぶ愚者に終わってしまうから。

 

 今後に浪漫を抱き、それをベターなものにする為に、歴史に学ぶ賢者たらんと願ってはみても・・・・・。

愚か者ではなく新の勇者

このブログで素直な心を見せている203高地殿は、勇者です。

愚か者とは、陰で愚痴ばかり言う人のことをいいます。

決して あなた殿は、愚か者ではございません。

これからも ゆっくりと過去の栄光と共に、新たな進化を

仲間と共に導いてくださいませ。

203高地殿は、善き人生の先輩として若き勇者を育てて欲しいと願います。

心から宜しくお願い申しあげます。

共に新たな新の真の地域密着を・・・。永遠に・・。

 

PAGE TOP