TAKさんのブログ

ウェブブラウザの選択 (続)

前回の続きです。

現時点での主なウェブブラウザです・・・

IE

Internet Explorer7

Windowsパソコンを購入すると始めからこれが付いてくる訳ですが、世界シェアとしてIE7だけだと既にFirefoxの後塵を拝する状態です。 かなり多くの人がパソコン購入後、別のブラウザをインストールし変更していることになります。

かなり改善されたとはいえ、まだウェブ標準に対応していない部分も少なくなく、ウェブ屋泣かせのブラウザではあるものの、文字のレンダリング(描画)がとても綺麗なのは好きです。

IE8β版がリリースされており、来年リリース予定のWindows7と合わせ正式版がリリースされてくると思われますが、Windows7がこれまでのWindowsと異なりウェブ依存度がはるかに高い(OSの機能を部分的にサーバー側から提供する)ようなので、IE8のポジショニングはかなり重要なものになってきそうです。

Firefox

Firefox3

今やナンバーワンシェアとなったFirefox、豊富なアドオンソフトで様々な機能を追加したりデザインをカスタマイズできるのも魅力です。自分のメインブラウザでもあり、この記事下の左側の画像のようなツールバーにしています。

Googleツールバーをインストールして、できるだけ画面を広く使えるように、カスタマイズできない部分を除いてアイコンだけにしています。

ツールバーのアイコンはどんなウェブページでも検索窓の上で右クリック、カスタム検索を実行を選択すると、「カスタムボタンを追加」という小ウィンドウが表示され、そのページのファビコン(ウェブサイトのアイコン、この夢と笑顔サイトの場合、グリーンのキャラクター絵)をツールバーにアイコンとして追加することができます。GoogleツールバーはIE用もあります。

自分にとっては、IEや各携帯キャリア、iPhoneなど他のブラウザを擬似表示するアドオンやスタイルシートの適用状態をチェックするためのアドオンなど、ウェブ制作に欠かせないツールが使えるため手放せないブラウザです。

Chrome

Google Chrome

昨年夏にリリースされたばかりにもかかわらずあっという間に第3位ブラウザになっています。特徴は何と言っても速い!それからシンプル!ということです。

ブラウザ上で実行するプログラムJavaScriptの処理が早く、グーグルマップやGmail、YouTubeなどの表示が、上記のメジャーブラウザと比較しても圧倒的に速いです。感覚的には5倍くらい速い!

そして、ブラウザ上には何も文字のメニューが無いほどシンプルです。インストールしたばかりでは、どうしていいか分かりにくいのですが、慣れてしまうととても使い易いブラウザになります。

URLを入力するアドレスバーと検索のための検索バーが融合し、ブックマークはツールバー上にアイコン表示されます。画面スペースが広く使えるので、最近流行りのミニモバイルパソコンなんかにも最適です。

この記事下の右側の画像が自分のChromeのツールバー部分のスクリーンショットです。

Safari

Safari

元々マッキントッシュ用のブラウザですが、Windows用もリリースされています。さすがにおしゃれなデザインなのですが、ウィンドウズ版では文字のレンダリングで滲みが目だち、自分としてはあまり好きではありません。

Netscape

Netscape

ウェブブラウザの元祖であり、インターネットの普及に多大な貢献をしてきたNetscapeですが、2008年バージョン9を最後に開発が終了しています。

Opera

Opera

かなり古くからあるブラウザで、PC用はさほどのシェアはありませんが、任天堂のDSやWii、Wilcomなどの携帯端末に多く採用されています。

結論

このほかにはまだまだ様々なウェブブラウザが存在しますが、自分としてはお勧めは一般的にはFirefox、ヘビーユーザーにはChromeがお勧めです。

 

↓↓↓自分のブラウザ設定です・・・

firefox.jpg

firefox

chrome.jpg

chrome

PAGE TOP