203高地

使いたくない言葉

自分の考えや思いを表現する為に、好んで使う言葉と、使いたくない言葉とがある。・「トラウマ」という言葉は、使いたくない。自分で書いたりしゃべったりしたことは、まずないはず。・その思い込みは、 やりたくないことの理由付けになるだけだか...全文

新たな課題を

新たな課題を突き付けられたとき、どっちの姿勢を選ぶか。・「出来そうにないから、引き受けられません。」なのか、「やったことないけど、全力でやってみます。」なのか。・どっちの方が、次の課題を与えられるか。そんなことは、聞くまでもなく明...全文

情報in putの為には

情報in putの為に必要な事としてのチェック項目が、あるところに掲載されていた。・(1)月に10冊以上の本を読んでいるか? (2)新聞を毎日読んでいるか? (3)ゲームを毎日プレイしているか?(4)SNSを利用しているか?(5)漫...全文

ブログを書き続けると裸に

ブログを書き続けるということは、精神的&知的に、裸になるということに通じる。最近つくづく、そのことを感じる。・鏡に自己の体を映し出すかの様に、ブログ記事の面々が、203高地という個人のベールを、 容赦なく剥がしてしまっている。 ・衣...全文

六中観のひとつである『 腹中書あり 』について

ビジネスに於いて何かを考察する場合、考察の背景となし得る何かを持っていないと、 それは不可能である。 ・周知の陳腐な既知事実の繰り返し、論旨滅裂な個人的感情の主張、立場を利用しての一方的発言での誤魔化し、焦点のぼけた論点不明な飛び石...全文

大きな変化を考えるには

組織でも個人でも、根本的な大改革を試みるにはどうしたらいいのか。現状打破、既存脱皮への障害となる壁を打ち破る為の手法はあるのか。・どう変えていくかという発想をやめる。それが存在しなければ、今と比べて何がどう変わるのか、を考える。 ...全文

限定課題でのコメントを

「思い出の場所」「忘れられない味」「至福のとき」 等と限定課題でコメントを求められるとする。・深く考えずに安易に捉えれば、書くのは簡単なこと。でも、その課題で真のものを突き詰めると、なかなか難しい。・その追及は、 自分の人生を振り替...全文

なつかしさ

なつかしさは、想えば想うほど募る。 ・ かつての時代へのなつかしさ。 逢わなくなった人へのなつかしさ。 昔の自分へのなつかしさ。 等々。 ・ 共通しているのは、 二度と戻ってこないこと。 ・ なつかしさでこみ上げる悲しみなのか。 なつかしさ...全文

ある著者に集中して

読書の仕方には、いろいろあります。 ・ 特定のジャンルを集中的に読む方法。 ある著者の本ばかりを選んで読む法。 一つの課題に関する本だけを読む法。 ・ ある著者の本ばかりを何冊か読むと、 その人の特徴と特長がわかります。 反面、欠点も。 ...全文

独りでの健康は

誰もいないところで、独りで暮らすとする。・心身の健康は、自己のあり様に大きく関わる。・身体的には、ごく単純に体を動かすことに尽きる。精神的には、他人が居るかの如く振る舞うことだ。・このことは、独島とかだけのことではない。他のことに...全文
コンテンツの配信
PAGE TOP