203高地

まめまめしいとは

第何弾かの「知りませんでした」シリーズですが、「まめまめしい」という言葉があります。・「こまめに熱心であること」、がその大意であると思っていました。 「豆々しい」と書くのだと思っていました。・違っていました。「忠実忠実しい」と漢字...全文

INKD 「大器晩成」の2種類

「大器晩成」とか、「遅咲き」とかいう言葉があります。・しかし外見上は一見似たようでも、その実、2つの種類があります。 ・もともと能力を磨いており、必要な能力は備わっていたけれども、それを発揮できるチャンスに巡り合うのが遅くなった場合...全文

組織論を学ぶ必要性が

組織論を論じる場合に出てくるのが「権限移譲」の話。・移譲される側の論理として、理解不足故に言いがちなのが、「権限移譲を受けていませんから、それは出来ません。」、的なこと。・移譲する側の犯しがちな過ち、大きな勘違いは、「権限移譲」を...全文

世間の常識の罠にはまって

頭をガーンと殴られた程の衝撃。・警鐘をかき鳴らされた様な慌てふためき。・「潮干狩りはやっぱり干潮のときやなあ。」そんなことを思うのは素人。  自分が水に濡れてもいいのなら、 満潮の潮干狩りの方が楽。漁師は満潮のときに、シジミ狩り、ア...全文

百聞は一見に如かず

「百聞は一見に如かず」を、しみじみと経験しました。・以前の記事に書きましたピケティの「新・資本論」を読み終えたのですが、竹信三恵子の「ピケティ入門」での解説とは、まったく異なる印象でした。・もしも「入門」の本だけを読んで知ったつも...全文

独りになっても

独りで守っている国とか島とか領土とかが、あるとします。・以前はたくさんの人が住んでいたけれども、次第に少なくなり、今では数えるほどの極少数になってしまいました。それも、現実的にはほぼ独りのみが続き、他は本拠地を他に移し、たまに訪れ...全文

自分の居場所

売場でお客様に接することから、ここしばらくご無沙汰しています。 区長さんへの挨拶、全戸訪問とかで、お店にいることがないからです。・すると、 自分の居場所がふわっと雲の上にあるかの様な気分になり、 ややもすると失われていくかの気もしま...全文

一日一品の断捨離を

一日一品ずつの断捨離を試みている。・しかし、これがなかなか困難。捨てるべきは捨てた後のことだから。・自分以外の家族のものなら、結構見つかる。でも、うちの奥さんに言われる。「捨てるものは、ご自分のもので探して下さい。    家族の...全文

二兎でも三兎でも

「二兎を追う者は一兎をも得ず」は教訓とされており、深く考えない前提では常識として通用しています。しかし、定石なのかどうかには疑問を感じます。・特にチャンスの到来を感じる様な場合、一兎に絞るのが適正なのかどうかは、大いに疑問です。も...全文

不智と不忠

「知らずして言うは、不智。   知って言わざるは、不忠。」「韓非子」に出てくる言葉です。・後者の、「知って言わざるは、不忠」については、かねてより自覚しており、実践に努めております。・「言ったとしても不採用だろう。  そ...全文
コンテンツの配信
PAGE TOP