203高地

IKMD 人をつなぎとめるのは

人を我が元につなぎとめるには、何をもってするか。ごく普通に思いつくのは、財貨。・他にないかを思案したあげくに思いつくのは、 言葉や態度。・一般的に考えて、 財貨を持ってするは、次元低き話。言葉や態度をもってするは、次元高き也。 ...全文

自分の出来ていないことを先に

人を動かすには、嘘を言わないという品性が必要。・他の人にあるべき姿を説くも、自分が反していることに素知らぬ顔では駄目。人が気づいているを知らずは裸の王様iになる。・こんなことでは、 立派なことを口にすればするほど、それを裏切る自分が...全文

自己の正当化を強引にしていると

人は常に自己を正当化し、その論拠を見つける。ロジックがなければ、屁理屈でもなんでも。・或は、立場を利用しての権限、権利に頼る。相手の立場の弱さをいいことにして、強引さで押し切る。・そういうことを看破しながらも、相手は従うかもしれな...全文

目覚まし時計が鳴っても

目覚まし時計が鳴りそれをとめた後も、布団の中でまどろんでしまうことがあります。・そのまどろみが長引いてしまい、起床が予定時刻より大幅に遅れることも少なくありません。・清末の偉人である曽国藩が、「醒めて後、霑(てん)恋することなかれ」...全文

精神的成長期、CLEVER面での成長期は

成長期には、あれよあれよと言う間に予想外の成長を遂げるものです。 いや、そういう時期を成長期と呼ぶのです。・ささやかな家庭菜園をしていると、そういうことを実感します。暖かな日が割と続いた最近特に、そのことの実証に出会っています。 ・...全文

組織は個人から

一般的に、人使いが上手とか下手とか表現する。しかし、人使いには、2種類の意味があると考える。・個人を対象にして、思い通りに動いてもらえるかどうかの意味。組織を対象にして、思惑通りにコントロール出来るかどうかの意味。 ・でも、まあ、...全文

勝つのは、指揮官先頭だから

「余の赴くところ必ず勝つ」とのボナパルト・ナポレオン。「指揮する軍団は必ず勝つ」とのユリウス・シーザー。・それは、いずれも先頭に立って戦ったからである。「勝つ。勝てる。」の信念を抱いて、先頭で指揮をとったからである。・「今度は負け...全文

「人を許さない人は、他人の支配下にある人」、

「人を許さない人は、他人の支配下にある人」、という言葉に出会いました。これはおもしろい言葉です。・単純に普通に考えれば、「許さない」という人の方が上位に立っている様に思います。 でも、よく考えてみるとそうではないのです。・「許さな...全文

服装は武器

人は外見。ビジネスの場なら、尚更。・服装は、武器。ビジネス戦場での武器。・ 武器は自分で磨かねばならならぬ。当然取捨選択も自分で。・それは下着もしかり。人に選んでもらった武器では戦えぬ。・...全文

回るの者は気づいている

人は(正直には、『自分は』と書くべきなのに)自己の利益を図るいくら聖人君子を気取っても、いくら自己利益を否定しても、いくら自己性を正当化しても。・それを自覚しているのならば、それはまあ許容できる。問題は、自分のみは聖域化しているこ...全文
コンテンツの配信
PAGE TOP