203高地さんのブログ | 夢と笑顔.com

203高地

IKWD  「システム」「組織」の言葉への反応でわかる

「制度・仕組み・システム」「人のシステムであるところの組織」・こういう言葉に対する反応で、ビジネス能力がわかります。或は思考の傾向がわかります。・肯定的な反応と、否定的な反応とが予測できます。・どちらにしても、両者の定義と意義を理...全文

「組織の長」たるものは

組織の長たるものは、「長」としての在り様を常に自覚せねばならない。・それは、組織の最高の「長」だけでなく、各部署の「長」もしかりである。・「長」の立場にあぐらをかくのか、「長」の立場で率先垂範するのか。見ていれば、すぐにわかる。誤...全文

数字に強いということは

数字がわかるとか、わからないとかの表現があります。数字がわかるって、どういうことなのですか。・一見いい加減な様にしゃべる数字が、大体、事実とほぼ近いような場合、その人は、数字がわかっているということです。その数字の背景が推測できる...全文

重要度と緊急度のマトリックス

優先順位をつける基準の考え方として、よく言われるマトリックの考え方。・重要度と緊急度で、4つに区分して考えるやりかた。・一般論としては、至極もっとも。その通り。しかし、具体論となると、そのマトリックスのどこに属するのかとの判断が、...全文

挫折を

人生に挫折はつきもの。挫折のない人生なんて考えられない。・挫折で失ったものを、いつまでも悔やんでいても仕方ない。失ったものがある代わりに、得たものがあるはず。その得たものに目を向けることが大切なのではないか。・それが出来るかどうか...全文

相手の人生がかかっていると思って

昔勤務していた会社で、保安の仕事をしていた人がいました。とても字が上手な人でした。そのことを褒めると、しみじみと語られました。・「私は、戦争中軍隊で、命令書を書く任務に就いていました。  そのとき、上官に言われました。『お前の...全文

同じ思いの人を集めるか

「素直。勉強好き。プラス発想。」言わずと知れた、船井幸雄の説く成長3原則。・そういう意識と実践の人ならば、社内か社外かを問わずに、共に成長を図ることが出来る。いや、図りたい。・社外のそういう人をどうして集めるかはわからないが、そん...全文

言ってはいけない前置きの言葉

人前で話をする場合、前置きを言うことがあります。・それも、言わない方がいいことを。・「私、まだ慣れていないので、詳しいことはわかりませんが・・。」 ⇒ きちんと勉強してからしゃべれ。勉強してからこい。「こういうことに慣れていな...全文

「素人」と「玄人」が勝負をしたら

「素人」と「玄人」が勝負をしたら、普通なら「玄人」が圧勝します。・しかし、《 何かについて発想を得る 》という勝負の場合には、必ずしもそうとばかりは限りません。・過去の延長線上のことなら「玄人」の勝ちでしょうが、まったく新しいこと...全文

人生の挫折とはいうものの

人生に挫折はつきもの。挫折のない人生なんて考えられない。・挫折で失ったものを、いつまでも悔やんでいても仕方ない。失ったものがある代わりに、得たものがあるはず。その得たものに目を向けることが大切なのではないか。・それが出来るかどうか...全文
コンテンツの配信
PAGE TOP