203高地

意識の偏りは

私がブログに書いている課題、内容は、明らかに偏っている。・経営的課題や思想に関することが多いと思っている。・それに関する意識のウェイトが、終始高いからであろう。・それが良いのか悪いのかは、わからない。それが事実という現実は、変わら...全文

人の悪口は

人の悪口を言うのは、みっともないこと。聞いている人にとっても、嫌なもの。・その場にいない人が話題になると、つい無意識のうちに、 その人の欠点とかに触れてしまう。話の、自然な流れの一環としての場合もある。・問題なのは、その悪口的な部...全文

印象深い言葉は武器

人から受けた教えの一言が、忘却から免れ、脳裏に焼き付く。・読んだ本の一言が、妙に印象深く、いつまでも記憶が鮮明。・そういう一言は、陰になり日向になり、自分への力強い援護射撃。・援護射撃は強力なほど、戦いは有利。ならば、そういう一言...全文

説くだけでは

人を動かすには、嘘を言わないという品性が必要。・人として、ビジネスマンとしてあるべき姿を説くが、自分はそれに反していても、素知らぬ顔。人が気づいていることはなかろうとの、傍若無人ぶり。・そんなことでは、立派なことを口にすればするほ...全文

IKND 方法論も

新たに何かを学ぼうと決めたとき、どういう方法・手段で学ぼうかということも同時に考えます。又、考えることが必要です。・しかしながら、かく書いている私自身、その方法論についてはそれほど真剣には考えていない様な気がします。 単純に思いつ...全文

自分は出来ているのか

人から教示を受けたとき、或は、書を読んで教訓を得たとき、無意識のうちに自動的に作用する思考がある。・自己に於いてのその実行度合いと共に、それが非実行である具体的人物の想起である。・場合によっては、その教示をなした者自身、典型的な非...全文

神と悪魔は細部に宿るのか

「神は細部に宿る」「悪魔も細部に宿る」・「細かいことばかり言うな。自分は大きいことをやるんだ。」「細かいことが出来ないと、大きなことも出来ない。」・このセオリー、教訓が、分かるか否か、経験的に実感として、感じることができるか否か、...全文

謙虚の姿勢が

能力のある人、成長のある人には、概して謙虚の姿勢が感じられる。 ・又、逆も真なり、は通用する。・それじゃあ、自分には謙虚さがあるのか。・自分の能力を悲しむだけでなく、その反省の姿勢をこそ、 振り返ってみるべきなのであろう。・...全文

孤独か、 孤高か

孤独と捉えるのか、孤高と捉えるのか。・独りよがりでいい。自己認識次第だ。誰も干渉はしない。・でもその捉え方の差異の影響は大きい。・自己を鼓舞できるのか、 自己を消沈させるのか。・...全文

「考えを出す」ということの本質

私は今まで、大きな思い違いをして様な気がする。「考えを出す」ということの意味について。・何かについて複数の考えを出そうとするとき、頭にひらめくものを列挙することになる。それらは、今までに考えたことがあるもの、今迄に見聞したもの、が...全文
コンテンツの配信
PAGE TOP