203高地

継続の方が

仕事のことだけでなく個人のことでも、同様です。・新たに計画を立てようとする場合、ややもすると、それまでとは異なった内容を掲げる方向に向いてしまいます。・その方が事実、新鮮に感じられます。故に、依然と変わらない内容は注視されにくくな...全文

虚の読書と実の読書

「読書とはどういうことなのか。」 と自問してみると、ごく単純には、「本の活字を目で追いかけること」 との概念が浮かぶ。・これはまったく、私の程度の低さを暴露している。・しかしながら、わかってはいても、この間違った形ばかりの読書をして...全文

やる気のなさは、誰のせいか

強烈な共感を覚える記事に出会いました。自己の備忘の為にも、訪れる人への警鐘の為にも、転載します。・・明治10年創業の歴史を持ち皇室御用達でもあった香川県高松市の老舗旅館である旅館川六は、  バブル崩壊や瀬戸大橋ブームの終焉で倒産寸前...全文

真の指揮官とは

勝ち戦では、無能であろうと、指揮官は務まる。・負け戦では、有能と無能との格差が誰の目にも明白となる。強がって虚勢を張っても、むなしく響くだけ。・指揮官の神髄は、負け戦でこそ如実にあからさまにとなるのだ。・負け戦に強い指揮官こそ、真...全文

IKKD 「組織論」の教育が第一

新しく社会に出る新卒社員に対し、新入社員教育をするとするならば、どういう分野、内容のことをやることが必要なのだろうか。・躾や心がけ論などの抽象的精神論はさて置くとして、具体的な知識と論理の体系としての選択について。・それは、「組織...全文

あの人だったら、どう考えるか

難題に直面するとき、解決案を考える為には、多面的な視点で考えることが有効です。・しかし実際問題としては、そんな簡単に出来ることではありません。 「それができりゃぁ、苦労はしないよ。」、 とでも言うところです。 ・そこで、自分だけで考...全文

1を教えるためには

新しいことを何か知った場合、それをすぐに“知った顔”で人に話しまくることは、わかっている人から見ると、恥ずべきことです。・ましてや“知った顔”で人に教えるなんて、傲慢もいいとこです。・1を知って1を教えることは...全文

心が生きているかどうかは

心が打ちふるえる感動を、最近したことがあるか。心を揺さぶられての涙を、最近流しただろうか。・心が生きているかどうか、それを推し量る基準が、 感動や涙の程度や回数だ。・こういうものは自然と出てくるものではあるが、それでも、自己の気持...全文

勉強の効果はさりげなく、怖い

ものごとを突き詰めて考えようとしない。顕在の皮相的な部分のみでの単純判断しかしない。「らしい」とか「だろう」とかの曖昧語を多用する。自分の意見や考えを明確化しない。・こういう現象のある人物は、信頼はいうまでもなく、信用さえ出来かね...全文

行動を変えてみる

「心が変われば行動が変わる。 行動が変われば習慣が変わる。 習慣が変われば人格が変わる。 人格が変われば運命が変わる。」・行動を変えてみようという意識は、常に自覚している。しかし、どうしても慣れ親しんだ行動を選んでしまう。・違った...全文
コンテンツの配信
PAGE TOP