203高地

自分は出来ているのか

人から教示を受けたとき、或は、書を読んで教訓を得たとき、無意識のうちに自動的に作用する思考がある。・自己に於いてのその実行度合いと共に、それが非実行である具体的人物の想起である。・場合によっては、その教示をなした者自身、典型的な非...全文

神と悪魔は細部に宿るのか

「神は細部に宿る」「悪魔も細部に宿る」・「細かいことばかり言うな。自分は大きいことをやるんだ。」「細かいことが出来ないと、大きなことも出来ない。」・このセオリー、教訓が、分かるか否か、経験的に実感として、感じることができるか否か、...全文

謙虚の姿勢が

能力のある人、成長のある人には、概して謙虚の姿勢が感じられる。 ・又、逆も真なり、は通用する。・それじゃあ、自分には謙虚さがあるのか。・自分の能力を悲しむだけでなく、その反省の姿勢をこそ、 振り返ってみるべきなのであろう。・...全文

孤独か、 孤高か

孤独と捉えるのか、孤高と捉えるのか。・独りよがりでいい。自己認識次第だ。誰も干渉はしない。・でもその捉え方の差異の影響は大きい。・自己を鼓舞できるのか、 自己を消沈させるのか。・...全文

「考えを出す」ということの本質

私は今まで、大きな思い違いをして様な気がする。「考えを出す」ということの意味について。・何かについて複数の考えを出そうとするとき、頭にひらめくものを列挙することになる。それらは、今までに考えたことがあるもの、今迄に見聞したもの、が...全文

継続の方が

仕事のことだけでなく個人のことでも、同様です。・新たに計画を立てようとする場合、ややもすると、それまでとは異なった内容を掲げる方向に向いてしまいます。・その方が事実、新鮮に感じられます。故に、依然と変わらない内容は注視されにくくな...全文

虚の読書と実の読書

「読書とはどういうことなのか。」 と自問してみると、ごく単純には、「本の活字を目で追いかけること」 との概念が浮かぶ。・これはまったく、私の程度の低さを暴露している。・しかしながら、わかってはいても、この間違った形ばかりの読書をして...全文

やる気のなさは、誰のせいか

強烈な共感を覚える記事に出会いました。自己の備忘の為にも、訪れる人への警鐘の為にも、転載します。・・明治10年創業の歴史を持ち皇室御用達でもあった香川県高松市の老舗旅館である旅館川六は、  バブル崩壊や瀬戸大橋ブームの終焉で倒産寸前...全文

真の指揮官とは

勝ち戦では、無能であろうと、指揮官は務まる。・負け戦では、有能と無能との格差が誰の目にも明白となる。強がって虚勢を張っても、むなしく響くだけ。・指揮官の神髄は、負け戦でこそ如実にあからさまにとなるのだ。・負け戦に強い指揮官こそ、真...全文

IKKD 「組織論」の教育が第一

新しく社会に出る新卒社員に対し、新入社員教育をするとするならば、どういう分野、内容のことをやることが必要なのだろうか。・躾や心がけ論などの抽象的精神論はさて置くとして、具体的な知識と論理の体系としての選択について。・それは、「組織...全文
コンテンツの配信
PAGE TOP