203高地

判断基準の理解がないと

要るものと要らないものとの区別は、難しい。その判断基準には絶対性はなく、判断する人によって異なる。・只問題となるのは、同じ対象物への判断をする場合、判断のものさしが違うことである。・例えば、ひとつの論理に基づく判断を片方がしている...全文

売場や商品のことも

最近の私のブログ内容、偏向しています。重々わかっているのです。・お客様とのこと、売り場でのこと、商品のこと、等々の話題が乏しいことが。・そういう話題について書こうとする意志はありつつも、現実的には少ない回数となっています。・マクロ...全文

「猫に小判」に私がなっていないか

「猫に小判」という言葉は、何度も耳と目にしていますが、とりたてて深く考えたことはありませんでした。でも、自分が「猫」になってしまってはいないかと思うと、心配が募ります。・自分が弱いこと、知識が乏しいこと、関心がないこと、意欲がない...全文

国家も個人も衰退要因は同じでは

隆盛を誇ったローマ帝国も、衰退の運命をたどってしまった。国家の様な歴史的事例を持ち出すまでもなく、個人に於いても、そういうことはある。・ローマ帝国の研究では、衰退の兆候や要因が列挙、詳述されている。 個人に置き換えると、そういうこ...全文

IASD 言葉の影響を

自分の言動が他の人に大きな迷惑をかけていながら、その自覚がないとしたら、それは大きな問題です。・ビジネスの場に於いては、その人の立場によって、迷惑をこうむる人の範囲が異なってきます。・その人の立場が高くなればなるほど、悪影響は広く...全文

かける言葉でわかる

「頑張れ」論議を、又もや少々。似たようなことを何回もすみません。・他人を励ますのが妥当な場面、でもその人のことは他人行儀であるとき、あたりさわりのない言葉で逃げることになる。その代表が、 「頑張ってください。」・その人のことを親身...全文

だんだんと、注意や教えがしてもらえなくなる

社会に出た頃に最初に受けた『ビジネスマンの基礎教育』を、つくづく有難く、時折思い出します。・何かコトがあった都度、それに関連付けて、『あの頃おしえてもらったこと』を思い出し、その実践性を自分に問うています。・「最初は、嫌でも注意さ...全文

「仕事人間」と「会社人間」

仕事に死ぬほど没頭することが、人生の一時期あることは望ましい。 ・そのバロメーターは、夢で仕事のことを考えているかどうか。寝言で仕事のことを叫ぶかどうか。・しかし、「仕事人間」と「会社人間」は同じではない。「仕事人間」であれかしと...全文

「神の雫」

「神の雫」というワインものコミックがある。なんともすごい。・ワインを志すなら、是が非でも読むべきだ。いや、ワインを拒否する者こそむしろ読むべきかもしれない。・ワインを飲むということは、こういうことなんだ。ワインを飲んで描く情景には...全文

成功事例の否定

自己の成功事例があるとして、それに対する以後の姿勢は2つ有り得る。・成功事例の手法を守りつつ、成功の再来を狙うもの。成功事例の論理的否定に挑戦し、アウフヘーベンを試みるもの。・問題は、後者を自己以外の他人が行う場合。それに対して、...全文
コンテンツの配信
PAGE TOP